コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、ユーザーの役に立つ良質なコンテンツをHPに作ることによってユーザーとの接点を作り関係性を構築・育成する取り組みです。
googleではユーザーにとって有益なコンテンツを載せているサイトを評価するので、有用なコンテンツを作ると検索上位に上がり見てくれる人が増えます。
検索エンジンは本来ユーザーの知りたい情報が載っているHPを上に表示されるべきなのですが、不自然なSEO対策に良いより、有益でない情報が上位表示されることが多くなっています。
コンテンツSEOはマーケティング手法のことでいくつかメリットがあります。
ブログなどを書く事もマーケティングの一つで、導入のリスクが少なく、初期投資を必要としないことです。
良いコンテンツを作り続けるとユーザーから支持されてファンやリピーターが獲得できます。
マーケティングにはツイッター、フェイスブックなどのSNSを活用するので簡単に情報を拡散しやすいです。

地道な努力が実るロングテールSEO

あまり使われないワードの会社名や製品名を掲載したホームページを探そうと会社名や商品名で検索した時に、SEO対策をしない場合でも上位表示されることもあります。
一方、多くのサイトが使っているワードで検索して上位表示されるようにするのは非常に難しいです。
このように、上位表示と一言で言っても、どのキーワードで検索してもらうかの設定によって難易度は変わってきます。
ロングテールSEOとは、検索人数の多い人気のキーワードでの上位表示を狙わず、検索人数の少ないキーワードを大量に上位表示させるSEOの手段になります。

ロングテールSEO

名前の由来は、検索人数を縦軸、キーワードを横軸においたグラフを表した時に背が低く並ぶ尻尾のようなキーワード群を狙うことから来ています。ロングテールSEOでは、いかに多くのキーワードでの上位表示を積み重ねることができたかが大きなポイントになってきます。
そのため、サイト内のページごとにキーワードに沿った対策をしていきますので、手間と時間がかかります。
そのかわり、結果として情報も充実したサイトになる上、効果が持続する強みがありますので、地道な努力が報われるSEO手段となります。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>